R2なカウンター

のだめカンタービレ最終楽章 後編
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
サイトリンク
ブログペット

FC2アフィリエイト
月別アーカイブ
RSSフィード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category(スポンサー広告)  
 
俺様の予備知識編2
いろいろ続き物wがあって間があいてしまいましたが、

ヴォルデモート卿ことトム・リドルの過去について

「謎のプリンス」までです。

...more
スポンサーサイト
Category(映画・ドラマ)  CM(0)
 
サインへの遠い道のり その2
さて、無事に整理券はゲットしたものの、

サイン会の受付開始まで4時間近くもあります。

どうしよう~?

………ハッ∑(゚Д゚)

現金持ってなかったorz

そう、今回のサイン会は有料イベントで、しかも現金払いのみ。

まあそれも向かいのアピタのATMで(ちゃんと自分の口座から)おろして準備完了。

のんびり歩いていったので、また会場のビルに戻ったら11時過ぎくらい。

そろそろお昼食べようと探すもららぽーとで見たような店ばかり。

あんまり息がくさくなるようなもの食べたくないしな~(´・ω・`)

ってことでパン屋さんでクルミパンとクロワッサン、アイスカフェラテに決定。

最後にお水もいただいてすっきり。

うん、これならトムとお話ししてもそう匂わない…ん?話す?

………英語話せないじゃん!!!(  ゚ ▽ ゚ ;)

簡単な挨拶ぐらいしかできないぞ?!

しかもトムを前に緊張している場面で

スラスラ英語が出てくる(簡単な挨拶でも)とも思えない。

…一人青ざめる私に天の助け。

同じビル内に何と図書館が入ってる!!しかも広くてすごいキレイ。

まっすぐ語学の棚に向かい、英会話の本を2,3冊選んで読み始めました。

それはもう真剣に。

こんなに集中して英語の勉強するなんて受験勉強以来?w

ふと時計を見ると12時過ぎ。

…そろそろ舞台挨拶かなぁ~見たかったな~…

ん?んん?ここでまたひらめきました…何だろ、トムアンテナ?

とりあえず図書館(3F)を出て映画館(4F)に向かいました。

受付は…まだ始まってない、サイン会目当ての人はチラホラいる感じ。

何となく確信があって、そのままロビーで待っていました。

そしたら何と!

舞台挨拶を終えたトムが普通に歩いてスタッフルームに入っていくのを

遠目に見られました。

おそらく10秒もなかったと思うけど、空気が変わりましたね。

…ホントにここに来てるんだぁ~と変な感心をして、再び図書館へ戻りました。

英会話の復習♪(学生時代予習復習なんてしなかったくせにw)

1時近くになって再び映画館へ。

他の映画が終わってたくさんの人が出てきてましたが、そこをすり抜けて、

2回目の舞台挨拶を終えたトムが戻ってくるのをまた見られました!!

(イベント関係者のブログなどを見ると、その時トムはトイレに行きたくて

他のお客さんがいるのも構わず普通に出て行ったらしいw)

そのまま待ってると1時過ぎに予定より早く受付が開始されました。

「整理券番号1~20番の方どうぞ!!」

…誰も行かない( ̄□ ̄;)

舞台挨拶行ってんじゃね?

209番の私はまだまだ先です。



その3へ続く
Category(映画・ドラマ)  CM(0)
 
サイン会への遠い道のり その1
サイン会が県内で開催されると知ったのがほぼ1ヶ月前…

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーっと悩んでました。

そりゃ行きたいに決まってる。

でも平日だし、有料だし、英語話せないし…(ん?)

もしかしたら来年も来るかもしれないけど…(おや?)

今年と同じ場所に来るという保証はないし…(まさか?)

ぐじぐじと悩んでいた私の背中をちゃ~ちゃんが押してくれました。

「イギリス行ったって会えるもんじゃないんだから!」



という訳で行くことにしました、トム・フェルトン サイン会(やっぱり~)

整理券配布が朝9:30~

1回目の舞台挨拶の上映回が10:00~

サイン会開始が14:00~

そこで私は考えました。

9時くらいに着くように家を出て、

整理券をもらい、

舞台挨拶のチケットがまだあるなら買って、

映画を見て、

舞台挨拶を見て、

サイン会に並ぼう、と。

お天気がちょっと心配だったけど、という予報だし、

ムートンブーツには防水スプレーしたし、

滅多にしない顔パックもしたし、OK!

…ところがこの計画がことごとく狂ってしまったのです。



まず家を出る時間が予定より30分遅れ。

ブーツを履いては忘れ物に気づくというのを3回は繰り返しましたヽ(;´Д`)ノ

駅の駐車場に車をとめているときに電車を1本逃す(´・ω・`)

まあ次のでいいやと思っていたら、何故かすぐ次が来てしまい、また逃す(´・ω・`)

まあその次のでギリギリ9:30着だからいいやと思っていたら



来ない(°Д°;≡°Д°;)



深夜から明け方にかけての暴風雨で電車のダイヤが大幅に乱れていたのです。

普段電車に乗らないものだから、天気に左右されるということを忘れてました。

結局会場に着いたのが10時過ぎ。

整理券はもらえましたが209番…えー( ̄Д ̄;;

舞台挨拶の回はもう始まってしまいました。

14時まで一体どこで何をしていれば…???



その2に続く
Category(映画・ドラマ)  CM(0)
 
俺様の予備知識編1
俺様って私のことじゃないですよw

ヴォルデモート卿ことトム・マールヴォロ・リドルです。

実は原作の「謎のプリンス」ではトム・リドルの出自が明らかになるのですが、

映画ではさっぱり出てきませんでしたね。

ええっそこ省いちゃうの?!と驚いたものです。

これはネタバレではないとは思うけど(「謎のプリンス」で判明していることだし)

一応ワンクッション置きますね。



...more
Category(映画・ドラマ)  CM(2)
 
死の秘宝Part1-FAQ
まずダンブルドアですが…生きてません。

「謎のプリンス」の最後でスネイプから死の呪文を受け、死亡しています。

生き返ったりもしません。

ただまあ、この世界は死んだ人と会話ができなくもないとは言っておきましょう。

以下はネタバレになるので格納↓


...more
Category(映画・ドラマ)  CM(0)
 
死の秘宝Part1の予備知識※ネタバレなし…だと思う
原作を読んでないけど、あるいは「謎のプリンス」を観てないけど
「ハリー・ポッターと死の秘宝Part1」を観に行く人へ。

いろんなサイトで特集されてますが、私なりに書いてみようと思います。

一応ネタバレはなしです。

まず状況ですが、ハリーはもうすぐ17歳で、誕生日が来るとリリー(ハリーの母)の護りの魔法がなくなります。同時に未成年の「匂い」が消え、学校の外でも魔法が使えるようになります。

それからハリーは「選ばれし者」で、ヴォルデモートを倒せる唯一の人間です。もちろんヴォルデモート側も承知しています。だから今まで散々命を狙われて来たわけですが…

それでヴォルデモートを倒す手段ですが、まずホークラックス(分霊箱)が6つあり、それを全て破壊してからでないと倒せません。既にゴーントの指輪・リドルの日記の2つは破壊しています。「謎のプリンス」で手に入れた3つ目のスリザリンのロケットは偽物でした。本物は「RAB」という人物が持ち去っています。

そしてハリーが信頼し頼りにしていたダンブルドア校長はスネイプに殺されました。今のハリーはヴォルデモートと同じくらいスネイプを憎んでいます。

こんなとこですかねー。
あ、今回ハリーが時々手にしている鏡のかけらは、「不死鳥の騎士団」(原作)でシリウスからもらった両面鏡のかけらです。両面鏡はざっくり言うと携帯のテレビ電話みたいな機能があります。

それから。
ハリーとハーマイオニーの間に恋愛感情はありません。友情のみです。

これだけ把握していればわかるはずです…多分w
Category(映画・ドラマ)  CM(0)
 
HPDH1
現在基本的に水曜・日曜休みの私ですが…今週は水曜ではなく金曜休みにさせてもらいました。

何故って………

ハリー・ポッターと死の秘宝Part1」公開初日だからです。

待ちきれなかったので、朝一の回(字幕版)を観てきました。

意外に中年男性が一人で来てるのが多かったですね。

予告が少なかったのは本編が長いからですかねやっぱ?

…とわかっていたはずなのに、途中お腹が空いてぐうぐう鳴ってました…

隣の(知らない)人には聞こえてただろうな~ごめんね~

以下超ネタバレあり注意↓



...more
Category(映画・ドラマ)  CM(0)
 
  MAIN  NEXT PAGE >
SEARCH THIS SITE
プロフィール

rough

Author:rough
バレエ命の娘と黒ラブりょう&トイプーもことの生活を中心に適当なことを書いてますw

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログリンク

カテゴリー
Templated by TABLE ENOCH


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。